Top >  出産費用が用意出来ない時は >  出産費用資金貸付制度を利用しましょう

出産費用資金貸付制度を利用しましょう

いわゆる出産費用の前借りですね

概要はこちらのページに書きました
↓↓
出産費用を借入れ出来る制度があります


ここでは、出産費用資金貸付制度について

もう少し詳しく説明しますね


■制度が利用できる人の条件


【条件1】


健康保険や船員保険の加入者本人か扶養者


健康保険は入っていると思いますので

これは、問題ないですよね


【条件2】


出産予定日まで1ヶ月以内の妊婦さん

これも大丈夫ですよね


どちらにしても、出産費用の支払いは

出産後になりますのでこれも問題ないですね


■いくら借りられるか?


1万円単位で28万円まで可能です

どうせならマックス借りましょう!

無利息ですし(^^;)他の事に使わないように注意


■申込の方法


最寄の市役所又は社会保険事務所に

電話して『出産費貸付金貸付申込書』を送ってもらいましょう!


そして、以下の書類を一緒に送付、又は持ち込みます


@母子健康手帳のコピー(妊婦氏名と出産予定日が記載されているページ)


A健康保険証のコピー


詳しくは申込書も確認して下さいね


■返済はどうやってする?いつする?


基本的に、出産育児一時金(42万円)から

引かれますので返済というアクションはありません


出産後、出産育児一時金の請求を

市役所又は社会保険事務所で手続きすればOKです!


出産育児一時金の請求については

コチラのページにも詳しく掲載してます
↓↓
出産育児一時金の請求の仕方

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【出産前の妊婦さんが見ている人気ページです】


出産費用などの出費をご心配されている方はこちら

妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!





         

出産費用が用意出来ない時は

出産費用の支払いは、退院時期なので

出産育児一時金が出るまでに、事前に準備しないといけません

そこで、上手な出産費用の準備のやり方を掲載しました

関連エントリー

出産費用がない時は!
出産費用を借入れ出来る制度があります
出産費用資金貸付制度を利用しましょう
役所から直接病院に出産育児一時金を入金してくれるシステム
出産費用の支払いは後払いのカードが便利??
どうしても家計が苦しい時はクレジットカードで立て替えしましょう




出産費用準備のための無料メールセミナー 出産経験を持つ助産師が教える出産費用準備のためのメール講座です
【名字】
【メールアドレス】



管理人お気に入りサイト


Yahoo!ブックマークに登録