Top >  出産費用が用意出来ない時は >  役所から直接病院に出産育児一時金を入金してくれるシステム

役所から直接病院に出産育児一時金を入金してくれるシステム

通常、出産費用として30万円前後を自分で用意しますよね

でもですね、


2006年の10月から制度が一部変更になって

出産育児一時金を直接病院に支払って

もらえる制度が出来たんですよ


手続きの方法ですが

まずは、事前に最寄の市役所又は社会保険事務所に

電話などで、申告する用紙を郵送してもらいます


そして、その用紙に

名前や住所などの必要事項を書き込みます


あとは検診の時に病院へ持って行って

病院の口座番号や住所を記載してもらいます


その書類を出産予定日の1ヶ月以内に母子手帳の

コピーを添えて役所に郵送します


たったこれだけで、出産費用の

お金を用意する必要が無くなります(^^)


例えば、出産費用が30万円だった場合、

出産育児一時金が42万なので、差額の12万円が

あなたの口座に振り込まれるという事です


これで、自己負担が無く出産費用が捻出出来ますよね


ただし、病院側がまだその制度を知らなかったり

対応してなかったりします。。。


なので、この制度を利用する時は

病院にも問い合わせてみましょう

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【出産前の妊婦さんが見ている人気ページです】


出産費用などの出費をご心配されている方はこちら

妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!





         

出産費用が用意出来ない時は

出産費用の支払いは、退院時期なので

出産育児一時金が出るまでに、事前に準備しないといけません

そこで、上手な出産費用の準備のやり方を掲載しました

関連エントリー

出産費用がない時は!
出産費用を借入れ出来る制度があります
出産費用資金貸付制度を利用しましょう
役所から直接病院に出産育児一時金を入金してくれるシステム
出産費用の支払いは後払いのカードが便利??
どうしても家計が苦しい時はクレジットカードで立て替えしましょう




出産費用準備のための無料メールセミナー 出産経験を持つ助産師が教える出産費用準備のためのメール講座です
【名字】
【メールアドレス】



管理人お気に入りサイト


Yahoo!ブックマークに登録