Top >  出産費用が戻って来る制度 >  出産育児一時金の請求の仕方

出産育児一時金の請求の仕方

出産費用と言えば、出産育児一時金ですよね

出産は病気等ではないので健康保険が使えませんが

この制度を利用すれば、出産費用の負担がかなり無くなります


金額は42万円です。出産後に貰えます

出産費用が30万〜40万円前後なので妥当な金額ですね


では、この出産育児一時金は

いつ、どこに請求すれば良いのでしょうか?


まず、受け取れる資格があるのは

社会保険(サラリーマンなど)、健康保険(自営業者など)に

加入している本人か又は奥様です


通常、どちらかの健康保険には入っているかと思いますので

これは大丈夫ですよね(^^)


次に手続きの時期ですが、

出産後2年以内であればいつでもOKです


1日でも過ぎたら貰えません。。。


出産育児一時金の請求書類の提出先は、

旦那さんがサラリーマンの場合は、お勤めの会社へ

自営業者などの場合は、最寄の市町村役場になります


まずは、最寄の市役所へ電話で

「出産育児一時金の請求は市役所で手続き出来ますか?」と訊ね、

OKであれば、出向きます


そして、子育て課などの窓口で、

出産育児一時金に関する書類を貰いましょう


あとは、その書類を病院へ持ち込んで記入してもらい

書き込んだ書類と出生届

お勤めの会社か、又は市役所の窓口に提出すればOKです


印鑑振込先の口座情報はわすれずに(^^;)


わからない事があれば、まずは市役所に相談してみましょう!

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【出産前の妊婦さんが見ている人気ページです】


出産費用などの出費をご心配されている方はこちら

妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!





         

出産費用が戻って来る制度

出産費用は、いろんな手続きをすれば戻ってきます

ここでは、出産育児一時金のほかにも

助成金や補助金制度の事を掲載してます

関連エントリー

出産費用と国民健康保険の高額療養費払い戻し制度
出産育児一時金の請求の仕方
出産費用の還付制度
出産費用の医療費控除とは?
出産費用の確定申告とは?




出産費用準備のための無料メールセミナー 出産経験を持つ助産師が教える出産費用準備のためのメール講座です
【名字】
【メールアドレス】



管理人お気に入りサイト


Yahoo!ブックマークに登録