Top >  出産費用の助成金・補助金 >  出産費用の助成金『出産手当金』の金額

出産費用の助成金『出産手当金』の金額

出産手当金は赤ちゃんを産むための『休業補償』と

考えると分かりやすいです


※産むためなので、育児の期間は除外されます

(別途、育児休業給付金というものがあります)

貰える金額は、産むために会社を

休んだ期間の補償のみです


■適用される期間


@出産予定日の42日前(双子など多胎の場合は98日前)

1月1日が出産予定日なら、11月18日から適用されます


たとえ、12月24日に生まれても適用日は11月18日からです

逆に、1月10日に生まれたら11月28日からの適用に延長されます


A出産日の次の日から56日目まで


1月1日に産まれれば、2月26日までが適用期間です


■金額は?


出産手当金の金額は、1日の給料の60%となります

月給を日割りして、休んだ期間を掛けます


・10000円  ×  60%  =  6000円
 (1日の給料)

・ 6000円  ×  98日  =  588,000円
 (出産手当)   (適用期間)    (出産手当金)


ただし、産休が有給の場合、有給分は差し引かれます


つまり、産休時の給料が1日6000円であれば

同額となってしまいますので、出産手当金は貰えないという事です


請求前に会社に確認しておきましょう


次は
↓↓
出産費用の助成金『出産手当金』の手続き方法

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【出産前の妊婦さんが見ている人気ページです】


出産費用などの出費をご心配されている方はこちら

妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!





         

出産費用の助成金・補助金

ここでは、出産費用の助成金・補助金について解説してます

関連エントリー

出産費用の助成金『出産手当金』とは?
出産費用の助成金『出産手当金』の金額
出産費用の助成金『出産手当金』の手続き方法




出産費用準備のための無料メールセミナー 出産経験を持つ助産師が教える出産費用準備のためのメール講座です
【名字】
【メールアドレス】



管理人お気に入りサイト


Yahoo!ブックマークに登録