Top >  出産費用が戻って来る制度 >  出産費用の確定申告とは?

出産費用の確定申告とは?

給与所得者の方(サラリーマン等)であれば、

2月中旬から3月中旬に確定申告を行なえば、

医療費控除という事で払った税金が戻ってきます


ただし、健康保険の医療費の合計が前の年(1月〜12月)に

通常10万円以上かかった場合になります


つまり、正常分娩で健康保険を利用しなかった場合は

対象になりません


また医療費控除というのは、

出産した後に貰える出産育児一時金とは違います


※出産育児一時金は、健康保険に加入していれば、無条件で

 42万円が貰える制度ですね


ここで注意なのですが、別に出産費用にこだわる

ことは、ありません


家族全体の医療費全てが対象となりますので

前の年(1月〜12月)に10万円以上医療費がかかっていれば

確定申告をする事によって、税金が還付されます

では確定申告の方法ですが、

まず、用意しておくものは


・領収書

・レシート

・印鑑


基本的にコレだけです


領収書やレシートは、通院費用や

薬局で買った風邪薬なども含まれます


領収書やレシートをかき集めて、あとは

管轄の税務署に出向けばOKです


税務署の職員の方はとても親切なので

丁寧に教えてくれます


戻って来るお金は、数千円から数万円といった所です

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【出産前の妊婦さんが見ている人気ページです】


出産費用などの出費をご心配されている方はこちら

妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!





         

出産費用が戻って来る制度

出産費用は、いろんな手続きをすれば戻ってきます

ここでは、出産育児一時金のほかにも

助成金や補助金制度の事を掲載してます

関連エントリー

出産費用と国民健康保険の高額療養費払い戻し制度
出産育児一時金の請求の仕方
出産費用の還付制度
出産費用の医療費控除とは?
出産費用の確定申告とは?




出産費用準備のための無料メールセミナー 出産経験を持つ助産師が教える出産費用準備のためのメール講座です
【名字】
【メールアドレス】



管理人お気に入りサイト


Yahoo!ブックマークに登録