Top >  出産費用の基礎知識 >  国民健康保険が利用出来る出産費用

国民健康保険が利用出来る出産費用

正常分娩であれば、出産は病気などでは

ありませんので健康保険が使えません


でも、健康保険を使えるケースがあります

それは、出産に際して医療行為が行なわれた時です


例えば

・帝王切開、異常分娩

・生まれてきた子供への光線療法等の処置

・入院期間が通常の7日間を越えた時
(オーバー分が健康保険対象)


ただ、対象にするかどうかを病院側が決める場合もあります


また、生まれて来た子供に対する医療行為については

健康保険を使える事はもちろんですが

「乳児医療」の対象となるため、原則『無料』です


費用は一旦計上されますが、支払いの必要はありません


ただし、里帰り出産の場合は、一旦病院に支払い

帰って来て、市役所に請求手続きをすれば全額戻ってきます
(領収書を忘れずに)

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【出産前の妊婦さんが見ている人気ページです】


出産費用などの出費をご心配されている方はこちら

妊娠中のお悩みを解決してくれるサイトがあります

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!





         

出産費用の基礎知識

まずは、出産費用に関する基本的な事を理解しましょう

いろいろ分かりますよ(^^)/

関連エントリー

出産費用の支払いはいつ?
帝王切開の出産費用はどのくらいかかる?
無痛分娩の出産費用はどのくらいかかる?
双子の出産費用
土日の出産費用はやっぱり高い?
大学病院の出産費用は安いの?高いの?
出産費用に保険は使えるの?
国民健康保険が利用出来る出産費用




出産費用準備のための無料メールセミナー 出産経験を持つ助産師が教える出産費用準備のためのメール講座です
【名字】
【メールアドレス】



管理人お気に入りサイト


Yahoo!ブックマークに登録